Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://benpapa225.blog.fc2.com/tb.php/4-4ba2b4d4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「死」について考えてみたのです

今回の台風でもたくさんの方がお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りします。
振り返って3月11日のこと…東日本大震災でやはりたくさんの方がお亡くなりになってます。
そして、自分ところのベンツ君が間違いなく生死の境目をフラフラと歩きながら、生の世界に踏みとどまってくれました。

そこで改めて「死」について考えてみたのです。
死とは…どうやら理不尽のようです。日頃の行いが良いとか悪いとか、若いとか年寄りとか、あまり考慮してもらえない。
そして突然襲ってきます。もしくは死にたくないという気持ちと裏腹に襲ってくるという表現でもいいかもしれません。死に対して準備ができるということは、恵まれたことではないかと考えています。
さらに…死は、人の死にたいという気持ちを無視することもあります。
死とは複雑なものですね。

自殺する人もいます。
死が理不尽であると考えると、実は自殺が能動的なものと思えます。理不尽に対抗する一番の策は、自らその選択をしてしまうことではないでしょうか?
といいましても、自殺を推奨しているのではありません。自殺が悪であるという観念に対して疑問を投げかけただけです。もちろん宗教的な意味合いは除いてですけどね。

こんなことを考えていると、実は死後の世界というのは存在しないのではないか?と思い始めました。
天国も極楽浄土も観念の世界の話で実在しないということです。
天国や極楽浄土があるならば、日頃の行いがいい人は長生きするでしょう。
生真面目な一生を送りながら、貧乏で自殺する人もいないのではないでしょうか…
最初っから、そうに決まってるだろ!
という人もいるかもしれませんけどね。
それは運命を肯定しているのと同じのようにも思えますよね。

何を伝えたいかというと、死を必要以上に恐れることはないのかな…ということです。
そして…どうやら運命というのはありそうだ!?ということです。

運命に対してどうやって抗うことができるのか?成功した人で運命に逆らって成功した人がいるのだろうか?運命を切り開くことができるのか?そもそも未来はどのように決まっているのか?

あー…考えると夜も眠れなくなっちゃいますね(^^;)
変な記事でしたm(__)m
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://benpapa225.blog.fc2.com/tb.php/4-4ba2b4d4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

べん☆ぱぱ

Author:べん☆ぱぱ
チワワのべんつ君の飼い主なので「べん☆ぱぱ」です▼^●^▼よろしくお願いします!

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

いらっしゃいませ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。