Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://benpapa225.blog.fc2.com/tb.php/67-a22350c7

トラックバック

コメント

[C52] お大事になさってください。

きのぴぃ~の父親は、心臓病で夜寝ている時に一人で逝ってしまいました。
本当に大変なことではありますが、きっと意識が戻ることを願っています。ご家族の願いは必ず届くはずです。べんぱぱさんも身体に気をつけて看病がんばってください。1日も早く回復しますよう<(_ _)>
  • 2012-02-20 21:30
  • kinopyez
  • URL
  • 編集

[C53] kinopyezさん、おはようございます

ありがとうございます。
まだまだ予断を許さない状態ですけど、家族で助けあってこの自体を乗り切りたいと思います!
  • 2012-02-21 08:59
  • べん☆ぱぱ
  • URL
  • 編集

[C54] 祈っております。

はあい。祈っております。
  • 2012-02-22 04:59
  • kinopyez
  • URL
  • 編集

[C55] お祈りしております!

ベンパパがご実家に戻られていて良かったし心強いとご家族の方々は思っていらっしゃると思います!応援しています、がんばってくださいね!!!

[C56] ナベさん、おはようございます!

本当に実家にいてよかったです(^_^;)
お袋様一人だったら、親父は間違いなくあの世いきだったように思います。
これからも頑張って支えていきたいと思います!
  • 2012-02-24 10:24
  • べん☆ぱぱ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

父が倒れまして…

さる2月16日の0時、父が救急車で運ばれました。
大事なことですので、書き残しておこうと思います。

父は15日の23時10分に嘔吐。
嘔吐後には自力で自分の布団に入り寝たのですが、すぐにいびきをかきはじめました。
嘔吐をしたので心配になり、父に呼びかけましたけれども返事がありません。
これがどのような状態なのか?
でも、現代は便利なものがあります。Android携帯で検索したのです。
「嘔吐、いびき、意識不明」すぐに脳出血の可能性が表示され、
そこには「救急車を呼びなさい」と書いてありました。

即119番。
ここは消防署から歩いても5分という場所です。
あっという間に消防車(救急車が出払っていたらしく、最初に来たのは赤い消防車)が来ました。
すぐに容態をチェックし、ほどなく救急車も到着して、
「病院に搬送します。ご家族もご同行をお願いします。戸締りをお願いします」
ということで、病院に運ばれたのです。
救急車内は「脳の可能性が高いので、一刻を争う」という緊張感でした。

病院について即CTを撮り、診断の結果は
「病名は硬膜下血腫。いわゆる脳出血とか脳溢血と言われるものです。生きるために緊急手術をします。」
手術時間は約3時間。
その間に大阪の兄に連絡を取り、兄は「朝一番の新幹線で病院に向かう。」

手術は成功し、父は一命を取り留めました。
しかし、出血量が多かったために現在も意識不明の状態が続き、
今後も意識が戻る可能性は10%以下だと告げられました。

父は高血圧症を持病としていましたので、ワーファリンという血液の抗凝固剤を飲んでいました。
抗凝固剤…血液を固まりにくくする薬。
通常、硬膜下血腫は頭部を打ったりぶつけたりすることで、脳内の血管が切れて出血するのですが、
ワーファリンを飲んでいなければ、ここまでの大量出血にはならなかっただろうと言われました。
ワーファリンそのものが悪い薬ということではありません。
たまたま、今回の場合は裏目に出てしまったということです。

それから、医者曰く「どこかで頭をぶつけていると思うんですけど、思い当たるところはありませんか?」
これには全く覚えがありません。
高齢者の方の普段の生活については、ひとつひとつ丁寧に見ていく必要があるんだなと痛感した次第です。

もうひとつ、今回は言ってみればインターネットに命を救われました。
それもスマホを使っての検索。
例えば「嘔吐、いびき、意識不明」を覚えていなくても、「スマホでインターネット検索する」ことを覚えておいてほしいと思います。

これから先、どうなるのか想像がつきません。
しかし、助かった命ですので、例え意識不明のままであっても今後も看護をしてあげたいと考えています。

去年の8月、実家に戻りました。
その目的は、
「親に万一のことがあったときに面倒を見る。そして、飼い犬の最後を看取る。」ことでした。
飼い犬の最後を看取るのは、戻って1ヶ月後の9月に実現してしまいました。
そして半年が経過して、父の大病。
「戻ってきたから、こうなったのか?こうなるために、戻ってきたのか?」
その答えは、僕には分かりません。

しかし、目の前の現実から目を逸らさずに、前向きに生きていきたいと思います。
ということで、次のブログ更新がいつになるのか分かりませんが、
暗い現実ばかりでなく、明るい話題も書けるように頑張りたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://benpapa225.blog.fc2.com/tb.php/67-a22350c7

トラックバック

コメント

[C52] お大事になさってください。

きのぴぃ~の父親は、心臓病で夜寝ている時に一人で逝ってしまいました。
本当に大変なことではありますが、きっと意識が戻ることを願っています。ご家族の願いは必ず届くはずです。べんぱぱさんも身体に気をつけて看病がんばってください。1日も早く回復しますよう<(_ _)>
  • 2012-02-20 21:30
  • kinopyez
  • URL
  • 編集

[C53] kinopyezさん、おはようございます

ありがとうございます。
まだまだ予断を許さない状態ですけど、家族で助けあってこの自体を乗り切りたいと思います!
  • 2012-02-21 08:59
  • べん☆ぱぱ
  • URL
  • 編集

[C54] 祈っております。

はあい。祈っております。
  • 2012-02-22 04:59
  • kinopyez
  • URL
  • 編集

[C55] お祈りしております!

ベンパパがご実家に戻られていて良かったし心強いとご家族の方々は思っていらっしゃると思います!応援しています、がんばってくださいね!!!

[C56] ナベさん、おはようございます!

本当に実家にいてよかったです(^_^;)
お袋様一人だったら、親父は間違いなくあの世いきだったように思います。
これからも頑張って支えていきたいと思います!
  • 2012-02-24 10:24
  • べん☆ぱぱ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

べん☆ぱぱ

Author:べん☆ぱぱ
チワワのべんつ君の飼い主なので「べん☆ぱぱ」です▼^●^▼よろしくお願いします!

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

いらっしゃいませ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。